これ1台ですべて解決!マルチ決済端末「Square Terminal(スクエアターミナル)」が日本上陸

Square(スクエア)は、2021年3月16日にオンラインで記者説明会を行い、国際ブランドのクレジットカードなどの支払いや電子マネー決済、レシートプリンター、POSレジとしての機能を提供する新型の決済端末「Square Terminal(スクエアターミナル)」を日本の市場に向けて販売開始すると発表しました。

Q.Square(スクエア)ってどんな企業なの???

A.Square(スクエア)は、2009年に設立した企業です。スマートフォン決済のパイオニアとしてさまざまな製品を投入してきており、直近では、2019年に新型Square Reader(スクエアリーダー)とSquare Stand(スクエアスタンド)を国内で発表しております。2020年には、スクエアリーダーが「Suica」などの交通系電子マネーと、「iD」「QUICPay+(クイックペイプラス)」の電子マネー決済での支払いに対応しており、オンライン決済への取り組みも同年に発表している、今注目の企業となっております。

それでは早速、新型決済端末のSquare Terminal(スクエアターミナル)をご紹介していきます!!


Ⅰ.<速報!>2021年3月16日に発表されたSquare Terminal(スクエアターミナル)ってどんな決済端末?※この記事には一部PRが含まれます※

・たった数日で、決済の受付を始められるカード決済端末。それがSquare Terminal(スクエアターミナル)

Square Terminal(スクエアターミナル)は、どこでも、どんなお店でも、そして誰でも簡単に使えるカード決済端末です。

アカウントの登録は数分で完了、数日のうちに決済の受付を開始できます。数週間も待つ必要はありません。

クレジットカードやデビットカードはもちろんのこと、電子マネーなどあらゆるキャッシュレス決済に対応しており、暗証番号の入力やレシートの発行もこの決済端末1台あれば行うことができる優れものです。

安全性・安定性を兼ね備え、誰でもすぐに使い始めることができます。もちろん、面倒な契約手続きや長期契約は必要無しなのも嬉しいですよね。

・決済代金は最短翌営業日振込、振込手数料は無料

決済代金は、なんと最短翌営業日にご登録口座へ振込まれます。

(※三井住友銀行、みずほ銀行の場合。その他の銀行は毎週金曜日振込)

Squareのご利用にあたって銀行を切り替える必要はありません。(よくある当社指定の口座のみ取引・・・という面倒が一切無し

振込手数料は無料で、振込状況はメールやアプリでいつでも確認できるので、ビジネスに集中できますね。

・高いセキュリティでデータをガッチリガード

セキュリティは、最初から製品に組み込まれているので安心です。

データを安全に保つための業界要件に準拠しています。

ソフトウェアの自動アップデートによって最新のセキュリティと機能が提供され、カード決済端末の性能は常に向上し続けております。

・購入費用や周辺機器についてご紹介

本体価格・・・46,980円(税込)送料無料(2~5 日以内にお届け)*

Square Terminalは、30日間の無料返品を保証しています。また、開封済みでも無料返品が可能です。

<<仕様>>
【同梱物】
・Square Terminal
・電源アダプタ
・レシートプリンターロール紙(長さ15.2m)

【色】
・ホワイト

【サイズ】
・ディスプレイ:139.7 mm
・長さ:142.2 mm
・高さ: 63.5 mm
・幅:86.4 mm

【重さ】
・417 g

【対応カードタイプ】
・ICカード(EMV)

・電子マネー

・磁気ストライプカード

・タッチ決済

・Apple Pay

【対応カードブランド】
・Visa
・Mastercard
・American Express
・JCB
・Diners Club
・Discover

【対応電子マネーブランド】
・iD
・QUICPay
・Suica
・PASMO
・ICOCA
・toica
・manaca
・Kitaca
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん

【接続方法】
・Wi-Fi(セキュリティで保護されたネットワークが必要です)

・イーサネット(別売の専用ハブが必要です)

【オプションの周辺機器】
Square Terminal専用ハブ(別売)を使うことで、Square Terminalをイーサネット経由でインターネットに接続したり、キャッシュドロワーやバーコードスキャナーなどのUSBアクセサリーを最大3つまで追加することができます。

・Square Terminal専用ハブ 4,480円(税込)

【電源モード】
Square Terminalは、電源に接続して使用するか、1日中持続するよう設計されたバッテリーによって完全にワイヤレスで使用することも可能です。

【内蔵プリンター】
レシートには57mm(幅)×36mm(直径)の感熱プリンター用紙をご利用ください。(1巻が付属しています)

必要に応じて、別売の20巻をカートに追加してください。

・Square Terminalレシートプリンターロール紙(20巻)2,280円(税込)

その他にもSquare Stand POSスターターセット 98,800円(税込)などもありますので、購入を検討されている方は下記の公式オンラインショップから購入ができます。
【セット内容】

・Square Stand

・キャッシュドロワー

・レシートプリンター

・ロール紙

Square公式オンラインショップ

・購入後のサポート体制も抜群

Square Terminalについて不明な点や困りごとある場合でも、24時間いつでもアクセスできるヘルプセンター、加盟店コミュニティ、チュートリアル動画などを利用することにより解決。

更には、日本を拠点とする専門チームの電話サポートもご利用いただけます。また、万が一製品不良が起きても最短翌営業日に交換対応できます。

Ⅱ.マルチ決済端末 Square Terminal(スクエアターミナル)の購入方法

・Square公式オンラインサイトで購入

下記のSquare公式オンラインサイトにアクセスするとサイトにアクセス出来ますので、【今すぐ購入】ボタンをクリックして購入が可能です。

Square公式オンラインサイト

Ⅲ.マルチ決済端末 Square Terminal(スクエアターミナル)のまとめ

今回のマルチ決済端末 Square Terminal(スクエアターミナル)はいかがでしたか?

これから店舗をOPENさせようと考えておられる方も、キャッシュレス決済を検討されている方も、30日間の無料返品を保証しています(開封済みでも無料返品が可能)ので、是非一度Square Terminal(スクエアターミナル)を使用して体験してみてください。

それでは、またの記事でお会いしましょう。


  • この記事を書いた人
forefront5858

forefront5858.news

-HOME
-

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。